フランスの個性派ワイン

フランス最長の「ロワール川」の流域に位置し
フランスの庭園と呼ばれるほど古城も多いワインの生産地ロワール。

このロワール地方は気象的に気温が低いこともあり
造られる白ワイン・赤ワインともに酸味がしっかりしているのが特徴です。

フランスのなかでもこのロワール地方では
ワインの原料として多種多様なぶどうの品種が造られており

個性にとんださまざまなワインに出会える地域といわれています。

日本ではロワールワインの印象として「カジュアルな日常ワイン」
というイメージが以前まで強く感じられておりましたが

最近ではフランスの美しい景色に育まれたぶどうを原料として
自然派ワインを造る醸造家たちがどんどん登場しており

フランスワインとして有名なボルドーやブルゴーニュの
ワインにも負けないカルトワインが製造されるなど

フランスならぬ世界のワインファンにとっても
目が離せないワインの生産地となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50980249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ワインキャンペーン実施中!

アンケートにお答えいただいた方の中から抽選でピーロート・ジャパン
株式会社より有名ワインを10名様にプレゼントいたします!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。